2021年3月

日本医学会連合 COVID-19 ワクチンの普及と開発に関する提言について

日本医学会連合のホームページに掲載されておりますので、参考までにご覧ください。

日本医学会連合 COVID-19 ワクチンの普及と開発に関する提言

【講演動画】増田好治 先生「熟練外科医から若手外科医へ」

外科医会冬期講演会奨励賞の贈呈式をおこないました

3月18日(木)に県医師会館におきまして、外科医会冬期講演会若手奨励賞を受賞されました、猪俣麻佑先生に賞状と賞金の贈呈式を行いましたので、ご報告いたします。

なお、令和3年度は夏期講演会におきまして、若手奨励賞を行いますのでよろしくお願いいたします。

夏期講演会の日程

日時:令和3年8月6日(金)18:30~
開催方法:Web開催

令和2年度宮崎県外科医会冬期講演会の奨励賞が決定しました

平成30年の夏期講演会より「若手奨励賞」を設けておりますが、本年で3回目となります。この奨励賞は、会員発表者の中から、5年以内の研修医と学生を対象に、発表終了後に外科医会役員が評点し、最高点の発表者に贈られるものです。

本年は、2月26日(金)にWebにて開催し、9名の先生方から症例発表が行われました。例年、会場にて役員による投票、開票がなされ、最高点の先生が奨励賞となり、会場で贈呈式を行っております。今回はWeb開催となったため、後日、役員の先生方にはアンケートで優秀発表を投票いただきました。
結果、令和2年度の「若手奨励賞」は、「嚢胞内容液中の腫瘍マーカーが高値を示した後腹膜原発粘液性嚢胞腺腫の1例」を発表された、宮崎大学医学部外科学講座 猪俣麻佑先生が受賞されました。
おめでとうございます。
猪俣先生には外科医会 白尾会長から賞状と賞金が授与されますことをご報告いたします。

2月26日 宮崎県外科医会冬期講演会について(報告)

宮崎県外科医会会長 白尾一定

2月26日宮崎県外科医会冬季講演会を、Web開催しました。初めてのWeb開催で、いくつかの操作上の問題はありましたが、無事終えることが出来ました。社保指導は下薗孝司先生、「熟練外科医から若手外科医」は、長年外科医会会長を 務められた増田好治先生にお願いしました。増田先生は、現在も当直や外来診療をされています。外科医として56年間経験された中で、私たち外科医へのエールを話して頂きました。内容はこの外科医会HPにて、閲覧できるようにします。

一般演題は、9題で宮本耕次先生と小生が座長をさせて頂きました。発表の皆様は、Web開催に冷静に対応されていました。七島教授をはじめ質問をして頂き有難う御座いました。発表者のお顔を拝見出来なかったのは改善点だと思いました。この中から「若手奨励賞」を授与します。選考方法は、理事、顧問の先生方に、3月8日頃より宮崎県外科医会のHPに発表内容の動画を閲覧出来るようにします。3月15日の週には、メールにて優秀演題を選択して頂き、3月18日までには、HPにて発表するように致します。

まだまだ新型コロナウイルス感染症対策は必要ですので、しばらくはWeb開催を行いたいと思います。今後とも皆様のご協力宜しくお願いします。