先輩外科医師から若手医師へ

令和元年度夏期講演会 「熟練外科医から若手外科医へ」

1945年(昭和20年)1月17日生まれの私は、鹿児島県立鶴丸高等学校をS.38年に卒業、S.44年に鹿児島大学医学部を卒業し、今、S.94年なので医師になって50年になりました。鹿児島大学を卒業し、外界を志した頃は、大学は未だ麻酔科が出来たばかりで、教授に直に気管内挿管や主にN2Oを用いた麻酔を教わりました。とくに気管内挿管は面白く、L字型のマッキントッシュ挿管鏡を用いて行っておりました。入局した第一外科は、脳外科もありましたが、一般外科が主で乳がん、甲状腺がん、胃がん、大腸がんのopeが多く、呼吸器外科もやっており、分肺機能検査をやったりして、自然に呼吸器外科を目指すようになりました。呼吸ガス分析、ILメーター、タグラスバックなどを扱っておりました。肺機能検査分析の時等は、深吸気、深呼気の見本を示しながらやっておりましたが自分が疲れてしまっていました。
当時の第一外科は県下の関連病院に医局員を派遣しており、僕らの同級生は計6人でしたが、病棟にするためにペアを組んで(6ヵ月)刻みの出張、大学になりました。
S.55年から江南病院で働いていたんですが、“田中先生はopeをやらせてくれる”という事で多くの若手が集まり、中にはルールを破って江南病院に来た者もおりました。外科のopeは、まず見て覚える事が一番で教科書を見て“A→Bへ切る”と書いてあってもメスの角度や深さは書いてなく殆どさんこうになりません。
外科医はまず見て覚えます。次に部位次第ですが可能なら触って覚える事がポイントだと思います。

2019年8月16日
田中 俊正

平成30年度宮崎県外科医会冬期講演会

私が経験した訴訟症例、訴訟になりそうであった症例の検討、等々
熟練外科医?から若手外科医へ

社会医療法人善仁会 宮崎善仁会病院
関屋 亮

外科医になりあっという間に月日が過ぎていきます。まだ楽しく手術を行っていますが、いつまで行っていいのかいつも悩んでいます。鏡視下手術も多く、器械の進歩もあり、術野はまだよく見えています。いつの間にか熟練医師?になってしまい、まだ何も完璧にできるものはありません。いつも悩みつつ、患者さんに教えられつつ、日々勉強しながら医療を続けている状況です。

私は、心臓血管外科、食道疾患、肺疾患等の胸部外科症例、腹部外科症例、特に心機能や肺機能に合併症の多い患者を多く診てきました。そのため死亡症例も多数経験してきました。これが外科医の宿命と考えています。 続きを読む…

平成30年度夏季講演会「熟練外科医から若手外科医へ」

君たちに伝えたい宮崎の遺産
肝腫瘍に対する手術手技(その1)

メディカルシティ東部病院 肝がん治療センター・外科
東 秀史 先生


肝臓外科は1980年から90年代にかけて飛躍的な進歩を遂げました。その最も大きな要因は、肝離断に際して個々の脈管を意識するようになったことであり、フランスのクイノーがグリソン鞘を意識する手技を提唱したことが緒端でありました。その後、肝静脈の温存によりoutflow blockを避ける手技が定着するに至って、術死率は15%からほぼゼロに低下するという驚愕の結末に至っています。この時代に、宮崎医科大学の肝臓外科は先端的な手術手技を数多く提唱し、30年を経た現在でもその一部が標準的な手技として残っています。

今回は、肝腫瘍の摘出が困難と判断されるケースにおいて、(1)腫瘍と(温存すべき)脈管が近接している場合、(2)下大静脈を遮断しなければ危険と判断される場合の2点に関する(宮崎医科大学で開発された)手術手技を提示します。

続きを読む…