2021年4月

3/26宮崎県外科医会理事会報告

2021326日理事会について

宮崎県外科医会会長 白尾一定

326Webにて理事会を開催しました。参加者は13名でした。3役は県医師会館から参加しました。令和2年度は、新型コロナ感染症の影響で、226日冬季講演会をWeb開催しましたが、他の3回は中止となりました。令和2年度の収支決算と令和3年度の予算、令和3年度の事業計画について宮本副会長から説明して頂きました。令和3年度は、717日が労災学会・整形外科医会との合同学会、86日が夏期講演会、1022日が秋期講演会、令和4225日が冬季講演会の予定です。86日の夏期講演会は、「若手奨励賞」の選定予定ですので、奮って参加をお願いします。Web上で理事の皆様から意見を頂きました。新型コロナワクチン接種の話題が多く、副反応について心配されていました。327日の読売新聞によると、米ファイザー社の先行接種約2万人のデータでは、2回目の接種では、37.5度以上の発熱が36%(うち38度以上が19.1%)、倦怠感が67%にみられた。1回目はそれぞれ3%、23%だった。と報告されています。当院の先行接種でも、2回目接種後に発熱や倦怠感で勤務調整を必要になる職員が増えました。解熱剤の配布や2回目は休日前に摂取する等の対策が必要と思われます。来年度も宜しくお願いします。