お知らせ

第19回消化器癌治療研究会のお知らせ

本日、第19回消化器癌治療研究会が開催されます。
奮ってご参加ください。

第19回 消化器癌治療研究会プログラム

宮崎県外科医会秋期講演会を開催いたしました

宮崎県外科医会秋期講演会「特別講演会」報告

宮崎県外科医会会長 白尾一定

2021年10月22日宮崎県外科医会秋期講演会「特別講演会がWebにて開催されました。参加者は34名でした。司会は、副会長宮本耕次先生で、特別講演の座長は宮崎大学肝胆膵外科教授の七島篤志先生でした。講師は鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科の大塚隆生先生で「地域に根差した外科医の育成」について講演されました。外科医が減少している中で人材育成には、全人的教育、特に論理と感性が大切、歴史に学び国語を大切にする、日常から感性を育てることで手術に応用できる。腹腔鏡下膵頭十二指腸手術(PD)を例に、剥離と受動、面を広く作る、手の使い方などに説明されました。2020年には年間PD74例施行されていました。手術時間の短縮、コスト意識を持った手術(リガシュアー1本のみ)、ロボット支援手術ことなども説明されました。最後にGeneralistを基盤とした専門性を持った地域に信頼される外科診療の提供を行うと自ずと患者さまが集まり、人材育成と社会への還元が出来ると述べられました。宮崎に来られての講演は出来ませんでしたが、大変有意義な特別講演会でした。皆様のご参加有難う御座いました。

《 特別講演 》

「 地域に根差した外科医の育成 」

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
消化器・乳腺甲状腺外科
教授  大塚 隆生

地域外科医療を担う人材育成には中核となる大学病院で地域に信頼される臨床力の充実を図る必要がある。そうすれば自然と紹介が増えて若手が執刀する手術数が増え、さらに豊富な臨床データや切除検体を用いた質の高い研究を行うことができ、臨床・研究・教育のサイクルが効率よく回るようになる。若者が活躍する組織には活気があり、それを見た後輩が憧れをもって活躍の場を求めて集まってきてくれれば組織は発展する。従って教室運営の大きな柱として「地域に信頼され、若者が活躍する組織づくり」を掲げている。人材育成ではサイエンスとアートのバランスの良い両立、すなわち論理的・科学的思考力の向上とともに、地域愛や人として重要な思いやりの心である惻隠の情、さらに芸術的感覚を備えた感性の醸成にも配慮している。サイエンスとアートの両立には豊かな自然と文化がある土地に身を置く必要があると言われているが、幸い鹿児島は世界的にも珍しいユネスコ世界自然遺産と文化遺産の両者が揃っている。こういった地の利も生かした教室の人材育成へ向けた取り組みを紹介する。

【お知らせ】宮崎県外科医会冬期講演会の開催日の変更について

令和3年度 宮崎県外科医会冬期講演会の日程を年度当初、令和4年2月25日(金)に開催することとしておりましたが、他の学会が開催されるため、日程の変更を行いました。
開催日時が近くなりましたら、外科医会の会員の先生方には改めてご案内いたします。

開催日時:令和4年2月28日(月)18:30~
開催方法:Webと現地参加によるハイブリット形式

※新型コロナウイルス感染状況によっては開催方法が変更となる場合がございます。

【ご案内】宮崎県外科医会秋期講演会の開催いたします。

外科医会夏期講演会奨励賞の贈呈式を行いました

9月7日(火)に県医師会におきまして、夏期講演会若手奨励賞を受賞されました、黒木将英先生に賞状と賞金の贈呈式を行いましたので、ご報告いたします。

令和3年度宮崎県外科医会夏期講演会の奨励賞が決定しました

夏期講演会を8月6日(金)にWebで開催いたしました。今回も多くの先生方から症例発表の申込みをいただき、11名の先生方から発表が行われました。

後日、外科医会役員により、症例発表(選考対象10題)の中から優秀発表の投票を行っていただき、開票の結果、令和3年度夏期講演会「若手奨励賞」は、「集学的治療により救命できた大動脈食道瘻の1例」を発表された、宮崎大学医学部附属病院 心臓血管外科 黒木将英先生が受賞されました。

おめでとうございます。

黒木先生には外科医会 白尾会長から賞状と賞金が授与されますことをご報告いたします。

★参考:若手奨励賞★
平成30年夏期講演会より、①5年以内の研修医と学生を対象、②発表終了後に外科医会役員が評点し、最高点の発表者に贈られる、③受賞した者には、賞状及び金一封を贈呈する。

「宮崎県外科医会夏期講演会  熟練外科医から若手外科医へ」を掲載いたしました。

≪開催予告≫宮崎県外科医会秋期講演会(Web)の開催について

宮崎県外科医会秋期講演会を開催いたしますので、下記のとおりご案内いたします。
なお、会員の先生方には後日、改めてご案内いたします。

  • 日時:令和3年10月22日(金)19:00~
    ※Web開催となります。
  • 講師:鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科 教授 大塚隆生 先生

宮崎県外科医会夏期講演会を開催いたしました

2021年8月6日夏期講演会について

宮崎県外科医会会長 白尾一定

8月6日夏期講演会がWebにて開催されました。会員発表は11演題で、全てが貴重な症例発表でした。座長は3役が務めさせて頂きました。数回にわたり発表が滞り、ご迷惑をおかけしました。社保指導は、理事の岩村威志先生にお願いしました。審査の注意点や保険上のルールについて説明して頂きました。有難う御座いました。会員発表の中で、卒後5年目までの10名の中から若手奨励賞を決定します。発表はお盆明けになると思われますので暫くお待ち下さい。「熟練外科医から若手外科医へ」は下薗孝司先生に、「先輩の独り言/若き外科医への申し送り」の演題でご講演頂きました。先生が、小児外科として歩まれた中で、貴重な症例の紹介と若手への温かい激励の言葉を話して頂きました。宮崎県外科医会HPにも掲載する予定ですので、ご覧下さい。未だ、新型コロナ感染症の拡大が続いています。しっかりとした感染症対策を行いながら、日常外科診療を行って頂きたいと思います。次回は、10月22日秋期講演会特別講演会となっています。皆様のご参加宜しくお願いします。

宮崎県外科医会理事会の報告について(7/26)

2021年7月26日宮崎県外科医会理事会について

宮崎県外科医会会長 白尾一定

2021年7月26日宮崎県外科医会理事会を、Webにて開催しました。3役(白尾、宮本先生、百瀬先生)は、宮崎県医師会館から進行しました。参加者は、16名でした。ご参加有難う御座いました。報告は、令和3年度外科医会総会(書面決議)において、令和2年度事業報告と収支決算、令和3年度事業計画と収支予算が賛成102名、反対0名にて議決された。2021年11月18~20日に東京で開催される第83回日本臨床外科学会総会の座長候補として、潤和会記念病院の金丸幹郎先生、宮崎康幸先生を推薦した。宮崎県外科医会ホームページの更新状況の内容でした。Webでの講演会が増えてきていますので、宮崎県外科医会の事務局に、講演会の開催案内を連絡して頂きたいと思います。

協議事項は、8月6日の夏期講演会の内容でした。社保指導は、岩村威志先生、熟練外科医から若手外科医へは、下園孝司先生がご講演されます。一般演題は、11題で、Web開催のため、座長は3役が行い、若手奨励賞対象者は10演題の中から選定されます。演題の登録有難う御座いました。若手奨励賞の発表は後日宮崎県外科医会HPにて報告します。

最後に皆さまに手術の状況について質問しましたが、多くの施設が手術症例が減少していると話されていました。診療所においても外来患者数の減少、新型コロナワクチン接種にて検査数も減少しているようです。昨年度の医療保険(社保)での診療所の診療科別件数では、小児科▲27%、耳鼻咽喉科▲22.3%、外科▲15.1%と外科診療所への受診も減少しています。東京オリンッピク後の第5派が心配なところですが、新型コロナワクチン接種が広まり、診療所および入院での外科診療がコロナ前の水準に早く回復することを望んでいます。

尚、宮崎大学の池田拓人先生より、2021年10月16日に宮崎大学医学部外科学講座肝胆膵外科学分野の七島篤志教授が開催される第46回日本大腸肛門学会九州地方会、第37回九州ストーマリハビリテーション研究会の案内がありました。一般演題の募集が行われています。HPをご覧下さい。