お知らせ

3月9日の宮崎市郡医師会春期講演会は中止になりました

令和元年度 冬期講演会 「熟練外科医から若手外科医へ」県立宮崎病院 上田先生の講演内容を掲載いたしました

冬期講演会を開催いたしました

宮崎県外科医会冬季講演会について

宮崎県外科医会会長
白尾一定

2020年2月21日宮崎県医師会館にて宮崎県外科医会冬季講演会が開催されました。参加者は62名でした。岩村威志先生より社保指導があり、一般演題6題の発表がありました。宮崎大学外科学講座の川野史彰先生と宮崎市郡医師会病院外科の甲斐眞弘先生に座長をして頂きました。熟練外科医から若手外科医への講演は、県立宮崎病院統括部長兼外科主任部長の上田祐慈先生に、「外科人生40年を振り返って:若手外科医への提言」という演題で講演して頂きました。総合診療外科・救急医療の実践、腹腔鏡・胸腔鏡の実践、腎移植の普及、開胸・開腹での肝切除、肝転移・肝門部胆管癌の治療法、九州大学第一外科での研究、米国ピッツバーグ移植センターや国内での研修等の内容で、若手外科医には、鏡視下手術技術認定医を目指す、糸結びの練習、高難度例やトラブル回避には開胸・開腹下の安全・確実な手術を心掛ける、日々の臨床症例を吟味し分析・討論・発表し論文作成することなどを伝えられました。最後に聖書のルカ伝の「求めなさい、そうすれば与えられます。探しなさい、そうすれば見つかります。たたきなさい、そうすれば開かれます。」の言葉を引用され、神頼みでは無く、自ら行動することを強調されました。貴重なご講演有難う御座いました。2020年11月29日第120回九州医学会外科学会がシーガイアにて開催されます。特別講演は、宮崎大学外科学教授の七島篤志先生と佐賀県医療センター好生館館長の佐藤清次先生にお願いしてあります。皆様の予定に入れておいて下さい。ご参加有難う御座いました。

第24回宮崎NST研究会開催のご案内と一般演題募集のお知らせ

令和元年度 宮崎県外科医会冬期講演会のご案内

【中止】宮崎市郡外科医会春期講演会のご案内

第55回 宮崎救急医学会のご案内

冬期講演会会員発表 演題募集

宮崎市郡外科医会 冬期講演会のご案内

宮崎県外科医会秋季講演会・日本臨床外科学会宮崎支部会報告

宮崎県外科医会会長 白尾一定

 20191025日(金)宮崎県医師会館にて宮崎県外科医会秋季講演会・日本臨床外科学会宮崎支部会が開催されました。会に先立って、経皮的気管切開等のハンズオンセミナーを開催しました。今回の特別講演は、鹿児島市立病院消化器外科科長の柳政行先生の「内視鏡外科技術認定取得への情熱~鹿児島編から」というタイトルにて講演されました。先生は自分が技術認定を取得した後は、「鹿児島で一番の、内視鏡外科手術の助手になる」そして、後輩を育てることに情熱を注がれ、さつま鏡塾をはじめ、オペナーシングセミナー、鹿児島ラパロシティフォーラムなど多くの研究会を企画され、若手の教育をされています。内視鏡外科技術認定取得に向けた取り組みの中で、外科医としての知識、技術の向上だけではなく「人」としても成長することが大切で、手術に対する心構え、モチベーションの維持、少ない症例で自身をつけるために、労を惜しまず助手・カメラマンをすることなどが大切であることなどを教えて頂きました。宮崎においても、「さつま鏡塾」を見習って、例えば「ひむか鏡塾」などの鏡視下手術を勉強し合う研究会を設けたいと思いました。この講演会が良いきっかけになることを望んでいます。ご参加有難う御座いました。