お知らせ

2021年4月23日理事・評議員会報告

宮崎県外科医会会長 白尾一定

 2021423日に理事・評議員会をWebにて開催しました。3役(白尾、宮本副会長、百瀬副会長)は、宮崎県医師会館にて参加しました。理事13名、評議員7名、監事1名が参加しました。令和2年度事業報告は、新型コロナ感染症の影響で、2021226日の冬季講演会のみが開催されたことを報告しました。令和2年度の収支決算は、宮本副会長から報告があり、元村監事より監査報告して頂きました。講演会や理事会が開催できず、繰越金が増えました。日本臨床外科学会から、令和4年度診療報酬改定に係る外保連への要望項目8つの中で、宮崎支部から提出した、腹腔鏡下虫垂切除術時の自動縫合器加算が選ばれたことを報告しました。宮崎県医師会より次期社保審査委員の推薦依頼があり、宮崎大学脳神経外科の横上聖貴先生を新任審査員として推薦しました。その他として、日本臨床外科学会より「全国の若手外科医アンケートからみたワークライフバランスの改善策と外科医減少抑制策の提案」の資料の紹介および宮崎県外科医会のホームページの更新状況を報告しました。令和3年度の事業計画は、新型コロナ感染症の状況をみながら、少なくともWeb開催は行うことになりました。令和3年度の収支予算については、宮本副会長より報告して頂きました。

以前の外科医は、家庭を顧みず仕事や趣味に時間を費やしていたが、若手外科医が外科に興味を持つためには、外科指導医の意識改革が必要である。今の若手は年休を取れる環境にある等の意見も聞かれました。これからも、外科医の魅力を発信していきたいと思います。ご参加有難う御座いました。

令和3年度の事業計画

  • 717日総会、合同学会(労災部会・整形外科医会)
  • 88日夏期講演会(社保指導、会員発表、熟練外科医から若手外科医へ、若手奨励賞)
  • 1022日秋期講演会 特別講演
  • 225日冬季講演会(社保指導、会員発表、熟練外科医から若手外科医へ)

3/26宮崎県外科医会理事会報告

2021326日理事会について

宮崎県外科医会会長 白尾一定

326Webにて理事会を開催しました。参加者は13名でした。3役は県医師会館から参加しました。令和2年度は、新型コロナ感染症の影響で、226日冬季講演会をWeb開催しましたが、他の3回は中止となりました。令和2年度の収支決算と令和3年度の予算、令和3年度の事業計画について宮本副会長から説明して頂きました。令和3年度は、717日が労災学会・整形外科医会との合同学会、86日が夏期講演会、1022日が秋期講演会、令和4225日が冬季講演会の予定です。86日の夏期講演会は、「若手奨励賞」の選定予定ですので、奮って参加をお願いします。Web上で理事の皆様から意見を頂きました。新型コロナワクチン接種の話題が多く、副反応について心配されていました。327日の読売新聞によると、米ファイザー社の先行接種約2万人のデータでは、2回目の接種では、37.5度以上の発熱が36%(うち38度以上が19.1%)、倦怠感が67%にみられた。1回目はそれぞれ3%、23%だった。と報告されています。当院の先行接種でも、2回目接種後に発熱や倦怠感で勤務調整を必要になる職員が増えました。解熱剤の配布や2回目は休日前に摂取する等の対策が必要と思われます。来年度も宜しくお願いします。

日本医学会連合 COVID-19 ワクチンの普及と開発に関する提言について

日本医学会連合のホームページに掲載されておりますので、参考までにご覧ください。

日本医学会連合 COVID-19 ワクチンの普及と開発に関する提言

令和2年度宮崎県外科医会冬期講演会の奨励賞が決定しました

平成30年の夏期講演会より「若手奨励賞」を設けておりますが、本年で3回目となります。この奨励賞は、会員発表者の中から、5年以内の研修医と学生を対象に、発表終了後に外科医会役員が評点し、最高点の発表者に贈られるものです。

本年は、2月26日(金)にWebにて開催し、9名の先生方から症例発表が行われました。例年、会場にて役員による投票、開票がなされ、最高点の先生が奨励賞となり、会場で贈呈式を行っております。今回はWeb開催となったため、後日、役員の先生方にはアンケートで優秀発表を投票いただきました。
結果、令和2年度の「若手奨励賞」は、「嚢胞内容液中の腫瘍マーカーが高値を示した後腹膜原発粘液性嚢胞腺腫の1例」を発表された、宮崎大学医学部外科学講座 猪俣麻佑先生が受賞されました。
おめでとうございます。
猪俣先生には外科医会 白尾会長から賞状と賞金が授与されますことをご報告いたします。

2月26日 宮崎県外科医会冬期講演会について(報告)

宮崎県外科医会会長 白尾一定

2月26日宮崎県外科医会冬季講演会を、Web開催しました。初めてのWeb開催で、いくつかの操作上の問題はありましたが、無事終えることが出来ました。社保指導は下薗孝司先生、「熟練外科医から若手外科医」は、長年外科医会会長を 務められた増田好治先生にお願いしました。増田先生は、現在も当直や外来診療をされています。外科医として56年間経験された中で、私たち外科医へのエールを話して頂きました。内容はこの外科医会HPにて、閲覧できるようにします。

一般演題は、9題で宮本耕次先生と小生が座長をさせて頂きました。発表の皆様は、Web開催に冷静に対応されていました。七島教授をはじめ質問をして頂き有難う御座いました。発表者のお顔を拝見出来なかったのは改善点だと思いました。この中から「若手奨励賞」を授与します。選考方法は、理事、顧問の先生方に、3月8日頃より宮崎県外科医会のHPに発表内容の動画を閲覧出来るようにします。3月15日の週には、メールにて優秀演題を選択して頂き、3月18日までには、HPにて発表するように致します。

まだまだ新型コロナウイルス感染症対策は必要ですので、しばらくはWeb開催を行いたいと思います。今後とも皆様のご協力宜しくお願いします。

1月22日 宮崎県外科医会理事会報告

宮崎県外科医会会長
白尾一定

1月22日金曜日午後7時より、宮崎県外科医会理事会をWeb会議にて開催しました。
18名中16名の参加でした。令和4年度に向けた要望アンケート結果、宮崎県医師会医学会幹事の推薦、次期国保審査委員会委員の推薦、宮日新聞生活情報誌「きゅんと」の執筆依頼、第120回九州医学会(宮崎市)について報告しました。議事として、2021年2月26日の冬季講演会について検討しました。冬季講演会は、Web会議にて開催します。社保指導は下薗孝司先生、「熟練外科医から若手外科医へ」は、増田好治先生です。一般演題は、9題でWebでの発表とさせて頂きます。若手奨励賞は、選考後後日発表します。座長につきましては、初めてのWebでの発表ですので、会長、副会長が担当させて頂きます、座長予定の先生方は次の機会に宜しくお願いします。最後に各施設・地区での現状や問題を討論させて頂きました。県独自の新型コロナ感染症緊急事態宣言の中で、感染症対策を行いながらの外科診療に大変苦労されていることを実感しました。今後も新型コロナ下でも粛々と外科診療を行えるように情報共有して行きましょう。

尚、2021年度の宮崎県外科医会の日程を下記に示します。

2021年
7月17日土曜日 全理事会及び総会
8月6日金曜日 夏期講演会
10月22日金曜日 秋期講演会
特別講演鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科大塚隆生先生
1月28日金曜日 全理事会
2月25日金曜日 冬季講演会
3月25日金曜日 全理事会

第83回日本臨床外科学会総会のご案内

第74回日本胸部外科学会定期学術集会のご案内

第49回日本血管外科学会学術総会のご案内

第38回日本呼吸器外科学会学術集会のご案内